プロジェクト内容

6月~8月 事前研修『防災の勉強と振り返り』

私たちのこれからの活動の方針を決めるためにも、「防災食・防災グッズ・避難対策」の3つのテーマで防災の勉強を行う。新しい防災の知識を学ぶことと同時に2022年度夏期セミナーでの学びを振り返りをする。勉強会や試食会での活動を通し、東北の現地研修に向け、準備を進める。

8月28日~31日 現地研修『東北での学び・教訓』

3つのテーマのもと、東北の岩手・宮城・福島の3県で震災遺構や伝承館、行政の施設、同世代との交流を行う。私たちの学びはもちろん、これからの活動において九州・福岡大学生に向けて「東北の教訓」として発信していく。

9月から12月 事後研修『発信とみらプロリーダー』

これまでの勉強会での学びや東北の教訓と私たちオリジナルの新しいグッズや避難の提案を九州・福岡大学生に向けて発信を行う。また、私たちが目標とする、みらプロのリーダーとしていつ来るか分からない震災のために防災の重要性をより多くの人へ伝える。