勉強会1を開催しました

防災学習

6月19日月曜日福岡大学中央図書館にて勉強会を行いました!内容は岩手県と避難所・ハザードマップについてです。

今日は学んだ避難所についての知識を共有します!

皆さんは避難所の決定や災害に備えた準備を行っていますか?

避難所や準備といわれてもよくわからないですよね。避難場所については次のように定義されています

指定緊急避難場所…災害の危険から命を守るため緊急的に避難する場所・施設で災害の種類ごとに指定している

①地区避難場所

公民館、小・中学校などの施設、小・中学校グラウンド、公園などの場所

②広域避難場所

大規模な公園

・指定避難所…被災者が一定の期間、避難生活を送るための施設

③一時避難所

公民館など50人以上を収容できる施設

④収容避難所

小・中学校など100人以上を収容できる施設

住宅の場所・年齢・自身の身体能力などで一人一人ハザードマップが違うので確認が必要

例)福岡市のマイタイムライン    https://mytimeline.city.fukuoka.lg.jp/step5.html

避難所について学んでみて災害時のためwebに避難所ごとに受け入れ人数など設備の違いや備蓄量をのせたり避難時のメンタルヘアスはボランティア活動では常時カウンセリングできるとは限らないのでメンタルヘアスのためのマニュアル作成をし避難所に置いておいたり学生を被災地に派遣できるシステム作りが必要だと感じました!

防災学習

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次