自主防災マップ

マップ

私たちは福岡大学周辺の防災マップを作りました。

黄色のエリアは土石流赤色のエリアは震度6以上が来やすい地域です

各番号は主な避難所の場所を表しています

また各エリアごとの避難場所を訪れて感じたことをまとめたのでぜひ確認してみてください。

目次

西片江

①片江中学校

グラウンド

・歩道は割と広い


・海抜が30mと高い


・山が近いため土砂災害の危険あり

片江

②片江公民館

公民館

・片江公民館までの道のりが揺れやすい地区&坂道


・住宅街で、塀のある家が多く地震が来たら道が塞がりそう。


・建物自体あまり大きい印象はなかった。周辺の住民が一時的に避難したとしてその後が大変そう。周辺は住宅だし、丘だし、道路は狭い。

③片江小学校

小学校

入り口は3ヶ所(各方面)
・1ヶ所は坂の上のため降らなければ入り口がない
・車通りは多い
・駐車場は正面の飲食店やマンションのはある
・校内にも数台分の駐車場、駐輪場あり
・ガードレール等はある場所とない場所
・水が多くはないが川がある

⑤城南市民センター

体育館

・福大通りに面しているので市民センター自体の知名度はあるが、ここが避難所か知っているは少なそう


・周辺にはひらけた駐車場と、4階建ての建物で避難しやすく避難所として機能しそう。建築構造上的にも安心の構造


・隣に池があるのが心配だけど、川ではなく池はどうなんだろうと感じた。

神松寺

④松山中央公園

公園

神松寺の方に進むと入り口がない
・松山の方から入れるが人通りが少ない、ガードレールもない、車が多い、坂になっている
・入り口があるが福大通りの反対の方にある
・福大通りの方は神松寺緑地で階段からあがるようになっている、草が多く、階段も急で道も一本道
・遊具の公園が2ヶ所(1ヶ所は上にあり草が多い)
・野球場のような広場が1ヶ所
・駐車場はない
・駐輪場が少し

七隈

⑥七隈小学校・七隈公民館

公民館


・避難所指定看板見にくい。通りすがりの人は分からない


・隣に川がある。土石流の可能性あり


・七隈小20メートル横に公民館(避難所)あり

梅林

⑦梅林中学校

中学校

・環状線沿いのため広い道がある


・奥に行くと坂だらけ


・近くには公園もある

まとめ

地震がおきた場合

●地域の方は近くの避難所、福大生は一時的な避難所として福大総合体育館学友会館が望ましい

●地震発生後は自宅で生活ができるか考え、できない場合は避難所・知り合いの家へ

●木造アパート・いつ崩れてもおかしくない黄色の周辺に住んでいる人は早めに避難

増積擁壁大谷石積擁壁は崩れやすいためよけて避難すべき

水害がおきた場合

●大雨・洪水は土砂災害警戒区域(黄色)の人のみ避難

●浸水は浸水危険区域の人のみ避難

●油山は土砂災害危険箇所数が一番の広島の山と比べて、地形や土質が似ているため大雨が降った時崩れやすいと考えられ、土石流警戒区域をはじめとする梅林西片江南片江に住んでいる人は災害時注意する必要がある

目次