試食会を行いました


6月28日放課後に学内にて、本学学生を対象とした防災食の試食会を実施しました!
実際に災害が起きてから初めて食べるのではなく、一度体験し、より良い準備が出来るようにという思いで開催を決めました。

防災食は何を準備すればよいのだろうか

当日は防災食を様々な視点から探りました。
賞味期限・調理方法・捨て方・大きさ等・実際の災害現場で懸念されること

当日食べた防災食をいくつかご紹介します!
フリーズドライご飯、だしがゆ、缶deボローニャ、にんにくと黒胡椒の砂肝、羊羹など

終了後、アンケートにも回答してもらいました。
参加者の中でも意見は割れていましたが、個々人が実際に災害が起きた際、準備するものを考えるきっかけにはなったのではないでしょうか。

ゴミの廃棄が意外と大変なものや、臭いの強いものなど、実際に試食しなければ分からないことが多くありました。この試食会を活かし、次回は身近な店舗で買えるか、コスパの良いかなど、スタッフ一同より試行錯誤して臨みたいと思います!皆さんも是非一度、防災食を食べてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次